読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほのぼのすること

岡本圭人くんを応援しています

トビラの向こう〜岡本圭人くんのお誕生日会備忘録〜

 ※仕事を忘れ雑多な文で勢筆致します…!

 

この度予てより計画していた岡本圭人くんのお誕生日会を都内のとある会場にて実施致しました!結論から言うと、すっっっごく楽しかったし、すっっっごく幸せだったし。不安多めの企画だったけど、今はやって良かったなと思っています。ここから先、備忘録として殴り書き。

 

2017年4月1日。曇り時々小雨。年度の始まりで生活も大きく変わる忙しい時期にも関わらず、最終的には28名の方が集まって下さいました。一番遠い方は福岡から!!!関西の方も沢山。その上で手土産まで下さったり。改めて本当にありがとうございます。

 

当初は10人くらい集まれば非日常感が味わえるだろうと思っていましたが、こんなしょぼくれた私のアカウントでまさに「けいと組」が出来てしまいそうな人数……感無量です。まぁでも終わるまでずっと不安でしかなかった。なにせわたし、人見知りですから。"仲良しさん"でやっても良かったんだけど。他のメンバーの時に流れてくる本人不在生誕祭を見て、どうしても圭人でやりたい、そこそこ大規模なやつ!!やりたい!!!圭人でもできるもん!!!と、思っちゃったんですよね。だから本当に集まって下さった方々には頭が上がりません。とにかくありがとうございました!!

 

事前のアンケートから二桁人数集まっちゃうな、と算段がついた頃、会場選びに頭を悩ませました。FunkyTime発売前にも関わらずロンドンバスを貸し切って都内をドライブしようとしていたトンチキ野郎が、一旦冷静になってカラオケにしたことを褒めてください。『5000円ちょっとでロンドンバス2時間かぁ〜』とか、『10000円で豪華料理付き屋形船貸切かぁ〜、お花見しながらスカイツリーとかお台場とか最高では?』なんて、考えてたんですよ。どこの誰が賛同してくれるでしょうか。そんな迷走期を経て、アクセスの良いカラオケを手当り次第検索。ケーキを預かってくれて、学生さんもいるからリーズナブルで、DVDが再生できて、準備時間も考慮すると6時間くらい滞在できるところ!!……で、今回会場を見つけました。

 

ジャニーズに限らずオフ会というものが珍しくない昨今、オフ会サポーターという名の相談窓口がありまして。早速メールでやり取りを繰り返しました。『人数がギリギリまで変動しそうです』という面倒な状況も慣れているご様子で、更にはお値引き交渉も受け入れて下さり。そんなこんなで2月、ついに決まった会場が凄かった!!!

 

サポーターの方「最大100名様でのご利用が可能です」「お部屋にドリンクバーがございます」「化粧室も完備しております」

 

……あの、えっと、……いいんですか?

結婚式の3次会ではなく、岡本圭人くんの本人不在お誕生日会なんですけど……

 

一気に不安になりました(笑)

 

でも終わってみればこれこそ私が求めていた非日常!!ちょっと見てくださいよ〜!あ、その前に受付には……

f:id:hkktxx:20170403013458j:image

オカモト様!!!!この『足首ある…?』な人影はわたしではございません(笑)いざ!!

 

まず、エレベーターを降りたら、普通廊下があると思うじゃないですか……。ところがどっこい!いきなりお部屋なんですよ!!!!

f:id:hkktxx:20170403000001j:image

『えっ……やば……直結……』トビラの向こうの景色に開いた口が塞がりません。

f:id:hkktxx:20170403000143j:image

ちゃんとしたステージもあるんです。(必要かどうかは別として)

f:id:hkktxx:20170403000210j:image

モニターは4つもありました…贅沢。隅の方にはわたしたちだけのドリンクバー。

f:id:hkktxx:20170403000248j:image

これ便利だったんじゃないでしょうか?化粧室もお部屋を出なくていいなんてなかなか無いですよね。完全に閉鎖された空間で誰にも邪魔されず楽しめました。いや〜、笑いが止まりません。富豪になった気分。

ちなみにご紹介遅れましたが、準備の段階から色々お手伝い&相談に乗ってくれていた光担のずぶちゃん、と、その同居人である伊野尾担Cちゃんが今回一緒に運営してくれました。ふたりともほんとにありがとう!(途中までは圭人担のりっつさんも参加予定で沢山助けて貰いました!毎回メインはお酒を飲むことでしたが)

到着するなり風船膨らまさせたり、テーブルや椅子の配置を変えさせたり、体力消耗するお手伝いさせてほんとにごめんね(笑)でもふたりともわたしより幾分も若いので。流石でした。

 

参加者の方々が集まるまでの約1時間半はテーブルセッティングや座席決め、DVDの再生確認などなど。『やばい!!もう来る!!胃が痛い!!どうしよう!!』わたしはとんでもない会を企画してしまったなと思いました。緊張による腹痛が波のように……ともあれ完成した会場。

f:id:hkktxx:20170404214427j:image

f:id:hkktxx:20170406013215j:image

 

他にも、あちこちに"あざとい"をテーマにした圭人くん。

f:id:hkktxx:20170404214752j:image

本当に24歳になりますか?なるんですか?

f:id:hkktxx:20170404214849j:image

 

しかし広くて豪華な故の問題も発生しました。題して「広すぎるから壁持て余しちゃうじゃん問題」です。ぼんやり真っ黒な壁を眺め、立ち尽くすわたし。押し寄せる焦りも参加者の皆様がバッチリうちわを持参して下さったお陰で次第に解決致しました!

 

f:id:hkktxx:20170403014118j:image

おおっ……

 

正直これは目頭が……。うん、泣いた。こんなにも圭人くんのうちわが集まっているのは未だかつて見たことがありません。

 

ちなみにグループ外ゲストも…!

f:id:hkktxx:20170404215127j:image

『聡ちゃん!!かわいい!!!!!』なかなか盛り上がっておりました。聡ちゃん来てくれてありがとう! 

  

さて、蛇足が過ぎましたがここからが本題。今年の圭人くんのお誕生日会、タイトルは…ででん!

 

《Keito's 24th Birthday〜嘘じゃない、夢想じゃない、次は君のTurnだ!〜》 

 

……?

 

イメージカラーはブラック・グリーン・ゴールド・シルバーです。(会場が赤かったのは想定外(笑))

個人的にorderの衣装が圭人くんのメンバーカラーである上によく似合っているなと思っていたのと、このフレーズに24歳の圭人くんの幸せを願う気持ちを込めて決定しました。エイプリルフールということもあり、これにしよう!と。決めた当時、お誕生日にはDVDも出ている計算で、映像や画像、沢山使うつもりだったんですが(笑)

 

会の流れは下記です。


opening movie→MVを2007から全て繋げた映像を上映しながらご歓談(私達は各テーブルへご挨拶に)→ケーキ登場→席替え→MVが終わりJUMParty元旦を上映しながらご歓談→席替え→圭人くんマルチアングル上映→ending movie

 

パーティーのチケットは砂さんにお願いしました。

f:id:hkktxx:20170406003541j:image

シルバーの紙をうまく使ってデザインされた素敵な作品となっております!!

 

お名前はこちらに。

f:id:hkktxx:20170406003555j:image

折角沢山集まるのでお友達が増えたらいいかなと思い、Twitterのアカウントを記載するスペースを設けました。このあたりのセンスの無いものは私が作成したものです(笑)シールになっているので皆様にはお洋服などにぺたりと貼っていただきました。種類は3つ。

f:id:hkktxx:20170406003621j:image

安易にユニオンジャックを使います。

f:id:hkktxx:20170406003649j:image

 

テーブルメイキングはこんな感じ。

f:id:hkktxx:20170406003723j:image

最後まで納得いかずぶーぶー言っていたコースターと、横断歩道を自力で伸ばしたランチョンマットです(笑)でも何よりゴールドを作るのが難しかった!!グラデーションをカスタムするんですが、フォトショをデザイン使いしない私にはちんぷんかんぷん!

そうそう、この印刷で使用したKOKUYOの写真用光沢紙、かなり優秀でした。ツヤツヤしてて綺麗です。

 

それから〜〜〜ケーキーーー!ずどーーーん!

f:id:hkktxx:20170406005621j:image

これだけ人数が集まるとひとり350円くらいで準備できます!おすすめ!会場が広かったのでじっくり見ていただけないお席の方もいらっしゃったかと……申し訳ありません。この後ケーキをセンターに集合写真を撮りました!

 

それから、当日お配りしたお土産はアルバムとトマトプリッツ。伊野尾くんの雑誌のお仕事が羨ましすぎて嫉妬に狂ったわたしが、圭人くんをPOPEYEの表紙に抜擢しました(勝手すぎる)

f:id:hkktxx:20170406003848j:image

24歳のお誕生日ということで、24枚の写真が収められるL版アルバムです。『MAGAZINE FOR TODAY'S GUEST』『1ST APRIL 2017 SPECIAL ISSUE』テキストをデザインしている時がとてもとても楽しかった!!上部にある『OVER THE TOP PARTY』はわたしも聞いたことがなかった表現ですが、ネイティヴなお友達に相談したらこういうのがあるみたい!と教えてくれました。とにかく最高なパーティーってことですね。『24 addictions about you』は24の魅力、ってところです。直訳すると中毒ですが。改めて24歳かあ、一番いい頃だなあ(何が)って。一年間楽しみです。裏はHeroから。

f:id:hkktxx:20170406003953j:image

この言葉、本当に圭人くんが体現してくれていますよね。はあ、かっこよくなったなあ。こんな風になるなんて。

f:id:hkktxx:20170406010046j:image

中にはお写真をランダムで一枚封入いたしました。全24種。参加者の皆様用に全公開ですどうぞ。

f:id:hkktxx:20170406010459j:image

f:id:hkktxx:20170406010502j:image

f:id:hkktxx:20170406010511j:image 

事前のアンケートで2015後半以降、特に2016年に圭人くんを好きになった方が多かったので、それ以前のものを中心に個人使用を目的と作成致しました。ロゴもbirthday仕様です。

 

トマトプリッツはもう圭人担の主食だと存じております。『トマトプリッツ配りたいんだよね』『パッケージに圭人くん入れてくれない?』『熨斗巻いてちゃんとしたいんだけど』そんな思いつきに首を振ってくれた友人のずぶちゃん。けとひかは兄弟ですが、わたしたちは姉妹です。で!完成品がこちら。(ずぶちゃん写真借りるね)

f:id:hkktxx:20170406004400j:image

渋い。だって、熨斗はわたしが作ったから(笑)発想のアンチエイジングが急務だと度々感じました。でも一応おたくだから。ほら。

 f:id:hkktxx:20170406004504j:image

控えめ(笑)派手かわいいとか、できないんです。これ実は2種類ありました。オールメンバーverと7ver。手元にないので制作過程を。

f:id:hkktxx:20170406004708j:image

で、中はずぶちゃん作なので可愛いです!

 f:id:hkktxx:20170406004722j:image

「この中に圭人くんが5人います。探してみてくださいね♡」1ヶ月前くらいだったか、飲みに行った日にラフを見せてもらったんですが、『1、2、3、4、、、、、いたw』

 

雑誌を広げて使えそうな写真をガサゴソしてた時期が随分前のよう。深夜に大量に送り付けるそこそこ迷惑なわたしにも文句ひとつ言わない光担。従順さは担たれ……?

 

席替えはこちらのボックスから圭人くんが印刷された紙を引いての移動でした。髪型総選挙2016年度の優勝ヘアでございます。

f:id:hkktxx:20170404215409j:image

 

テーブルはA〜Gまで。圭人くん×メンバーという割り当てになっていて、例えばこんな感じ。

f:id:hkktxx:20170406005441j:image 

ありやぶテーブルというのもありました。圭人くんだらけの現場でした。

 

 

最後に印象的だったことをつらつら述べます。

 

まずは、ほとんどが圭人担。とにかく同時に沸く(笑)映像中の圭人くんが何かする度に『ぎゃ〜』『きゃ〜』『はぁん…』と結構なボリュームでライブ会場のようでした。これがむちゃくちゃ楽しい!

 

次にOVERのMV。「フラれたんだ、OVER」『フラれるわけなかろう!!』「明日は明日の風が吹く、OVER?」『wwwww』何度見たかわからないこのMVも大人数で見ると改めて笑えて最高でした。楽しいな〜!

 

パーティーにはパーティーをとJUMPartyかるた上映。これは皆様じっくり見てしまってご歓談の邪魔だったのでは?と少し反省しております。が、圭人くんが札を取るたび和やかに。伊野尾くんにゴリラと言われても嬉しい圭人担。でも色々持っていったのは有岡くんでした。有岡くん「我、鍋に綴じ蓋」会場『ブフォww』『破れ鍋な!!!』有岡くんが札を読み上げればザワつく会場。も〜ほんと可愛いんだから。圭人担や他担であると同時にJUMP担ですよね!

 

carnivalマルチアングルviva9。これは特に印象深いです。知念くん、薮くん、裕翔くんが紹介される中、じっとその時を待つ圭人担。そしてやっと出番です。あれだけ黙々と目を凝らしていた皆様が「圭人!」\圭人!/「圭人!」\圭人!/「圭人!」\圭人!/\オカモトケイト!!!!!/かなりのボリューム、かつ、もちろん振り付きで(笑)楽しさに笑い転げました。圭人くんに見てほしい景色だったよ。

 

少し皆様の前でお話する時間がありましたが、終始落ち着かずアセアセ、ワタワタしているわたしですみませんでした。それでもとてもあたたかい心でしかめっ面すること無く見守ってて下さった皆様にやはり感謝以外の言葉が見つかりません。会の途中も準備をしており、お一人ずつ話し込めなかったことが唯一残念でしたが、この空間自体がこの上ない幸せでした。

 

未熟な進行に胸ぐら掴まれてもおかしくなかったのにな……優しいな……だってみんな圭人くんが好きなんだもんな……そりゃそうだよな……。圭人くん良かったね、圭人くんのファンは素敵な人ばっかりだよ!!!

 

貼り付けてるうちわが落っこちたらすかさず救済、長身を活かした高いところの作業、なにより穏やかな雰囲気。ほのぼのしててヒーリング効果がすごい。

 

会終了後も謎の握手を交わしたり、写真を撮ったりと交流が盛んで嬉しかったです。Twitterでも参加者の皆様同士続々繋っているのに、お誕生日会プラス大きな価値を感じました。

 

圭人くん、お誕生日おめでとうございます!圭人くんの24歳が納得のいく素敵な一年となりますように。健康で笑顔の絶えない圭人くんでいられますように!わたしたちはこうして圭人くんのことが大好きという気持ちを共有しながらあたたかく、時に激しく見守っています!

 

それでは、また来年……!(?)

書くことを生業としている私が、岡本圭人くんの文章を読んで改心した話

文章には限界がある。

そう考えるのが私の癖だった。

 

   岡本圭人くんのファンになって9年以上が過ぎた。当時は学生だった私も今ではそれなりに社会人をやっている。私の仕事のひとつは人の話を聞いて文章にすること。それは雑誌を中心とし、あらゆる紙媒体、そして時にはWeb上へと公開される。この仕事をしていると「こんなんじゃ伝わらない」としばしば思う。壁というか、頭打ちというか。「文章って限界があるよね」と仲間内でお酒を交わす。

 

 仕事に嫌気がさしたわけではない。幾度となく経験した不甲斐ない、やりきれない、といった感情が積み重なり、それを”限界”と表現するしかできない程度の人間なのだ。けれど先週の日曜日、私は考えを見直すきっかけとなる文章に出会った。しかもそれは作家でもコラムニストでもなく、大好きなジャニーズアイドルが書いたもの。ジャニーズWebという有料サイトで週替わりに連載されているHey! Say! JUMPのコンテンツ「JUMPaper(岡本圭人くんの回)」の話である。

 

 今回岡本圭人くんが更新した通称『けとぺ』は私の理想とする文章だった。たぶん理想の大半は好みだと思う。だから、"私の好きな文章"と置き換えて捉えてほしいが、とにかく上手だと思った。なんといっても"伝わる"。学者のように難しい言葉を使ったものも格好良いけど、伝わらなければ意味が無い。同じ言葉が重なっているとか、そのへんは別に気にならない。それぐらいに想いが乗せられたテキストだった。

   これだけ整理されているのだから、きっと何度も消して打ってしただろう。誰が読んでもわかる言葉を使い、思いの丈を綴った等身大の作品。スクロールバーのサイズを見てこの文章の長さは序盤で察知したが、序破急の組み立てが綺麗で体感は半分ほどだった。特に破の展開と改行のバランスは読みやすい。具体性も然り。完全に読み手を意識した素晴らしい文章だった。

 

   圭人くんが冒頭、「ジャニーズウェブほど思ってることや感じている事を自分の言葉で表せる機会はない」と書いているが、全くその通りだと思う。例えば雑誌だったとしたら。絶対無駄が入り、必要が抜ける。これは自分が仕事をしていて仕方がないことだとも理解した。語尾を変えたり、句読点を入れたり、その全てはライターの判断によるものである。知られると不味いくらいバッサバッサとカットもする。それから「(笑)」も雰囲気で勝手につける。一応ここは盛り上がったからとか、ここはこのままの言葉だと勘違いされかねないからとか、何かしらの理由があってつけるけれど、本人のものではない。間に人が入る分、それはどうしても避けられない。一方、今回の圭人くんの文章は入れたい時に「笑」を入れた正真正銘本人のもの。細かいことを言うと、書いてはいけないことを書いていないか、のチェックは入っているはずだけど、JUMPaperは生の文章と言っていい数少ない媒体だろう。

 

   内容はもちろんだが、どうしても質に触れたかった。だって、「文章には限界がある」と思っていた自分が、「文章でしか伝わらないことがある」と当たり前のことを再認識したのだから。

 

 私はまだまだ岡本圭人くんを応援していたい。こんなに胸に訴えかけてくる文章を読んだのは久しぶりだった。

 

極寒、光担と圭人担で高尾山に登ってきた

2016年12月23日。「ねぇ今度高尾山行こうよ〜!」確か、始まりはそんな私のお誘いでした。寒い間に行った方が空いているだろうという私たちの考えはその通りで、土曜日の割にはひどく並ばされたりすることも無かったのですが、陽が傾き始めた時間から空気は顔が痛くなるほどの冷たさへと変わり、貼るカイロは気休めにしかならなかったです。(山ですからね)

とは言え、とても楽しかった日帰り旅。それもこれも、仕事が忙しいふりをしている私のため、光担のずぶちゃんが多々下調べ、予約等してくれたからです。ずぶちゃんほんとにありがとう!光担・圭人担で行けたこと、とても嬉しかったでっす!

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、これから行ってみようという方の参考になればというのと、個人的な備忘録としてレポを残させていただきます。ご質問は分かる範囲でお答え致しますので、ツイッター、もしくはこちらのコメント欄までよろしくお願い致します。

 

 

京王線準特急で約一時間。往路は11時7分「新宿駅」発、12時1分「高尾山口」着。復路は16時29分「高尾山口」発、17時24分「新宿駅」着でした。当初の予定では10時半頃出発する予定だったのですが、両者目覚めてすぐの連絡にて眠いからと集合を遅らせることに。高尾エリアでの滞在時間はざっと4時間半!まったり派な人間が休憩したり、ゆっくり登ってるとこれくらいかかるようです。

 

詳細の前に、チェックポイントまとめを下記へ置いておきます。

  1. 有喜堂(薯蕷饅頭)※要予約
  2. 紅葉屋(塩むすび)※限定10食
  3. 香住(天狗焼)※ひかけと未食
  4. キッチン633B(八王子野菜のピッツァ)
  5. (天狗パンツ)
  6. 高尾山サル園
  7. 権現茶屋(味噌田楽)
  8. もみじや(18番シート)
  9. 福徳弁財天
  10. 山頂

 

駅はいかにもな観光地仕様。驚いたのは温泉があったことです。小学生ぶりに訪れたのですが、全く記憶にないのでとても新鮮。新宿から電車一本で旅行気分が味わえるのは、ビル群で生活する私にとってかなり魅力的でした。

 f:id:hkktxx:20170115015406j:image

 

駅を出て右へ、ふらふらーっと歩いていると。「あ!ここ!」「ふぇ?」鈴木奈々ちゃんが体操してたとこですよね?!」「……っえーーー!もう?!?!」

f:id:hkktxx:20170115015459j:image

予想以上に駅側だったここ。ぽけ〜っと歩いていた私は全く気付かず通り過ぎそうでした(笑)

f:id:hkktxx:20170115015509j:image

今回わたしは何も準備できなかった代わりに、映像だけ持参しました。するとたしかにこのアングルで鈴木奈々ちゃんが体操を。ずぶちゃんを鈴木奈々ちゃんにしてこんな写真を撮ってみたり。「こんな目立つところで体操してたんだね、芸能人って大変…」とかなんとか言いながら先を目指します。(始まったばかり)

 

1.有喜堂(薯蕷饅頭)※要予約

こちらのお店、店舗が2つ3つあるので要注意。お饅頭は予約が必要となりますが、二人が食べたお店で食べたい方は、予約の電話の際にそう伝えるとご丁寧に対応下さったそうです。ロケで訪れていたのは本店。こちらの写真はその裏側です。

f:id:hkktxx:20170115015540j:image

あー!ここここ!

f:id:hkktxx:20170115015557j:image

お茶と一緒に頂きました。ほんとに皮がもちもちで美味しかった!上にちょこんと乗っている桜が塩漬けで、餡子の甘さと絶妙なバランスでしたよ!

f:id:hkktxx:20170115015611j:image

お値段は5個入り750円。思ったより小ぶりで1個はぺろりです。残りはお土産に。「こんな皮もちもちなのに、餡子の方にとろろが入ってる、とか言った圭人くんマジやばい……」(笑)6個入りもあるそうです。

 

2.紅葉屋(塩むすび)※限定10食

正直これ、「限定10食」との前情報に端から諦めてました。が。聞いてみたところまだ残っているとのこと。貼り紙にも「限定10食」の文字が無かったので、実はもう少しあるのか、そもそもコアな層しか認知していないのか。今この塩むすびを魅力的と捉えられるのはひかけと担(JUMP担)と紹介して下さった達人ぐらいかもしれません(笑)

f:id:hkktxx:20170115015731j:image

3個入り550円。山菜のお漬物?が付いています。写真は後ほど頂上にて。

 

そこから程なくして、来ました!ケーブルカー乗り場。往復930円です。

f:id:hkktxx:20170115030911j:image

急勾配が…はこちら。

f:id:hkktxx:20170115015806j:image

そして

f:id:hkktxx:20170115015826j:image

pasmoでも切符が買えることに驚きました。便利です!ただ、対人か券売機かでは切符の色が違いますので、本家に忠実にタイプの方は対人でどうぞ。

f:id:hkktxx:20170115015839j:image

ケーブルカーはテレビほど急だと感じず、「(あの三人さまは)盛ってんな」「うん、盛ってる」なんて会話をしていたのですが、終盤にとうとうアキレス腱が…!6分で上に到着します。それから降りてすぐ天狗焼がありましたが、ひかけと未食かつ個人的にもあまり魅力的では無かったのでスルー。

 

4.キッチン633B(八王子野菜のピッツァ)

『高尾山じゃないみた〜い』の産地直送イタリアンです。

f:id:hkktxx:20170115020018j:image

実は事前調べで土日祝はランチブュッフェのみと見ていたため、こちらも諦めていたポイントのひとつです。しかし出ている看板に目をやるとピザが紹介されているではありませんか。

f:id:hkktxx:20170115020028j:image

結局吸い込まれるようにして店内へ向かうと、ビュッフェをやっている気配はなく、ピザを食べられることに!(閑散期だからかな…)

f:id:hkktxx:20170115020043j:image

1枚1300円。一つ失敗だったのが、ロケで食べていたものには生ハムがトッピングされていたことです。覚えてなくてトッピング無しで注文してしまいました(笑)あと、かぶは乗ってなかったです。なんでだろう?味はトマトソースが美味しく、個人的には好きな生地の厚みでした!!

f:id:hkktxx:20170115020100j:image

ここ数日で一番の寒波襲来のため、テラス席で食べることはしていませんが、一応圭人くんここ座ってたよね〜ふふん、と腰は下ろしました。そしたらま〜お尻が凍結騒ぎです。プラスチックのイスが冷たすぎてさっさと次へ向かうことにしました。

 

5.(天狗パンツ)

f:id:hkktxx:20170115020134j:image

基本的には山頂を目指す流れで歩いていると、チェックポイントに出くわします。天狗パンツもそうで、突然現れました。「いらね〜」(笑)

 

6.高尾山サル園

f:id:hkktxx:20170115020145j:image

ここはまあいらないねとパス。お子さん連れや暖かい季節だと良いのかもしれません。

 

寒いので先を急ぎます。

f:id:hkktxx:20170115020215j:image

「真ん中は神様が通るから」このあたりで気付いたんですけど、自然と、終始立ち位置が自担に忠実でした。

 

7.権現茶屋(味噌田楽)

景色が変わらなくなってきた山道をに飽きてきた頃、休憩スポットとしてこちらに到着。

f:id:hkktxx:20170115020230j:image

沢山メニューがあって、中でも『きのこ汁』に心を奪われましたが、ここは我慢。

f:id:hkktxx:20170115020244j:image

3本400円の味噌田楽を二人でシェア〜。温かいお茶もフリーで提供されているのでしばしの休憩です。柚子味噌が甘くて疲れた身体には良いですね。

 

8.もみじや(18番シート)

おにぎりもピザも食べられない予定だった私たちは、ここでお蕎麦でも食べようと計画をしていました。が、どちらも無事食べられることになり、お腹はもうおにぎり分の余力しか残っていなかったのでパスです!

f:id:hkktxx:20170115020256j:image

一応外から18番シートは拝めました。中学生の頃にビートルズを好きになった私は、もちろんポールも好きなので、興味深かったですが…。コーヒーのみやお抹茶、ぜんざい、のような軽食的メニューが無さそうだったので諦めざるを得ず。

 

福徳弁財天へも道なりに歩いていると看板が誘導してくれます。ロケで立ち寄っていなかったところを通っても最終的には辿り着けるかと。

f:id:hkktxx:20170115020400j:image

いちいち写真を撮っていたら通りすがりのお坊さんに「下見ですか?」との意味合いの言葉をかれられました(笑)仕事に見られたようです(笑)

 

9.福徳弁財天

着いた瞬間からなんだかゾクゾクしました。人が少なくて怖かった。

f:id:hkktxx:20170115020425j:image

階段を登る時に枯れ木に接触してカサカサ…と音が。「うわあああああ!!」その声に驚いたずぶちゃんと二人して絶叫。なにやってんだ…

f:id:hkktxx:20170115020455j:image

この中もじめっとしていて、水滴が落ちてくるんですよ。『南無福徳弁財天…』って唱えることも忘れすぐ折り返してきました(笑)

 

10.山頂

f:id:hkktxx:20170115020547j:image

高尾山口から約3時間半で到着。ピザやお饅頭でかなりまったりしたので、予想の1時間オーバーでした。

f:id:hkktxx:20170115020638j:image

もう風が痛い痛い。とりあえずおにぎり…と。こちらのベンチで。

f:id:hkktxx:20170115020712j:image

なんでこの人たちこんなに寒いところでおにぎり食べてるんだろう、の視線を浴びながら。

f:id:hkktxx:20170115204755j:image

確かに塩分がきいてて美味しかったです。お漬物もとても!きっと夏場なんかに登山して汗かいた方が食べる用ですよね(笑)ちなみに、ギターを持った圭人くんが現れた階段がこちらで

f:id:hkktxx:20170115020727j:image

ステージはアチラ。

f:id:hkktxx:20170115020749j:image

隅っこの方にある場所かと思いきや、山頂の比較的目立つところでした。ハート強い……。こんなところでギター掻き鳴らしてたら、そりゃあ気になりますよね(笑)

 

今回のロケ地巡りで見つけられなかったのは路上詩人の方のみですかね。きっと寒い上にお客さんも少ないのでお休みでしょう。食べたいなぁ、見たいなぁ、は全てクリア出来たので満足です。そして、ここからの下山は寒さに背中を押され、おそらく20分ほどで高尾山口に到着したのでは?という勢い。まだちょっとだけ若いです。

 

これから行かれる方におすすめするのであれば、冬場は寒いので覚悟しましょう、くらいですかね。あと、階段がいくつもあってそこがなかなかしんどい。(私たちが階段の多いルートを選んでいたようで)

 

靴はピンヒールじゃなければ登れちゃうし、圭人くんが言っていた登山なんてほどのものでは全くありません(笑)あくまで初心者ルートの話です。時折見かけるガチ装備のクライマーさんは、別ルートへと進まれていましたよ!

 

余談ですがこの後西安料理のお店に辛いもの食べたいー!と向かったのですが、舐めてました。わたし、強いんですけど…でも身体が…

f:id:hkktxx:20170115212008j:image

次は体力温存して挑戦します!美味しかったけどね!!

圭人くんの2016年 1月〜3月

カウントダウンをしながら明けた今年が急いで過ぎ去って〜。皆様2016年お疲れ様です。KISS DIARYが恋しくて恋しくて溶けてしまいそうな私です。はてさて、年末年始コンで披露されることはあるのでしょうか。

 

今年は個人的には忙しい一年でした。都内から都内への引越し、今まであまり扱っていなかった英訳や日本語訳のお仕事も、商品企画も、ダブルワークならではの楽しさと大変さを体感して。あれ?この前大阪でカウントダウンしなかった?と例年以上にあっという間に感じます。

 

さて、ここからが本題ですが、今年は圭人くんの担当をしていてかなり充実していました。2015年ももちろん楽しかったし、いつだってその瞬間が最高で最強ですが、今までは両手を広げて「来いっ!」と構える余裕があったのに対し、今年は「待って…速い…待って〜!!!」と圭人くんのお仕事を追っかけ回してゼエゼエ言えた時期が。この上ない満足と充実でした。

 

ということで、少しずつ振り返っていきます。以下は私が日々メモ書きのように、自分のために残している圭人くんのお仕事。去年は半年で分けて、総括含め3回で振り返ることができましたが、今年は4回に分けて、計5回でいきたいと思います。

 

ちなみに、緑にしているお仕事は個人的にオススメしたい岡本圭人くんです。気になった方は各所で検索をかけてみてくださいね。

 

f:id:hkktxx:20161230002553j:image

※その都度追記しているシートですが、過不足あるかもしれません。また、WSなど記載するとモリモリになってしまうものは省いてあったりしますのでご注意を。

 

あと、PCだとぼやけますね。スマホで閲覧をお勧めします。一度解像度の低い画面でスクショしたものになっているので…では。

 

1月〜3月は金髪期。念願だったひかけと外番組も叶い、かなり良い2016年のスタートダッシュでした。いたじゃんも「圭人くんの回まだですか」なんて言わせない程度に出演回数が担保されていましたね。

 

この時期一番嬉しかったのは紛れもなく王様のブランチ!発表された時は嬉しくて寝込みそうになりましたw何を隠そう、ひかけと、けとひか等というコンビ意識が全くない時代から私が好きで好きで仕方ないコンビ。デビュー前は光担をやっていたものでね…自然にそうなってしまったところですが。で!お買物ロケ、ふわっふわのまったりペースで可愛かったですねえ。英語もギターも披露する機会があったし、レッチリにも触れてくれて。こういう番組への出演こそが圭人くん自身や個性を世間に伝える大きなチャンス。欲しくても簡単には与えられないので本当に良かったです。いたじゃんやリトラといった所謂オタクのためとも言える番組。それらでの活躍もグループ内でのキャラクター確立へ重要なことだとは思いますが、やっぱり招かれる側は幸せだし、わくわくが違います。光くんのことも含めてとても良い内容を王様のブランチ様、ありがとうございました!

 

全部のお仕事について一言ずつコメントしたいくらいですが、加えて触れるのであればせんせーションズ。私はSHINOBIをこよなく愛しています(笑)暗殺教室が終わってもう見られないのが悲しいですね。設定に合わせてかっこいいを前面に出したSHINOBIが別腹な楽しみでした。メイキングの伊野尾くんとのハグは可愛すぎて地球の気温がまた上がったような。みんな伊野尾くんかわいいー!きゃー!だったのかもしれませんが、「伊野尾くん受け止める圭人くんかっこいいかわいいむり」と言葉も選ばず悶えました。ちなみに、せんせーションズ関連で掲載された雑誌は全てかなり良いです!!めちゃくちゃかっこいい!金髪なのに品があるのは育った環境や性格も影響しているでしょうね。

 

この時はまさか、ROLAで連載が始まるなんて…

 

以上、簡単ではありますが、1月〜3月でした。

 

のん子

 

ジャニーズアイドルはコモディティか?

今日の仕事中、私の先輩が言いました。「iPhoneコモディティ化した商品の頂点だよ」と。

コモディティとは沢山存在するがゆえに機能や品質では選ばれなくなったもの、一般化したもの、そのくらい広く知られているもののことを指すのですが。よくよく聞いていると、マニアにはその機能や品質の違いが分かる、という話で、なるほどなあと思いました。iPhoneApple信者のみならず、新作が発売されるとなると行列ができますよね。いつもはのんびりしてそうな先輩をほんの少し見直した瞬間…だったんですが。


後々聞いているとネットやら雑誌やらの受け売りだそうで。あたかも自分のもののように説くのはこれも何かの才能かなと感嘆です。そんなどうでもいい人の話は置いておいて、その先輩が読んだ記事には「iPhoneAndroidで商品比較をすると、iPhoneユーザーはiPhoneを使って経験した感動や快感を語るのに対して、Androidユーザーは画素数がこうで、こういう機能があって、SDカードで、、、みたいにスペックを語りがち」と書いてあったとのこと。コモディティ化してしまったものの中で、一際目立つためにはiPhoneのようなコンテキストが必要な時代の流れだ、というストーリーでした。

※コンテキスト(文脈)…過程や道のりのようなニュアンスですかね。

恐らくここでの違いは、コンテキストには唯一無二な独自性があること。持ってるiPhoneは同じで、スペックだってもちろん変わりない中で、iPhoneを手にしてから感動したり満足した経験は人それぞれ別のエピソードがあるはず。そこがミソなんだな、ふむふむという(笑)


例えばプリウスもそうなんでしょうか。世界初の量産型ハイブリッド車だそうですが、まあ1日1台見ない日はないです。コモディティ化したハイブリッド車の中で、プリウスは頂点。もっと他にハイスペックなハイブリッド車があるはずなのに、何故かプリウスが一番なんですよね。これもiPhoneの例えに似ているのかも。経験すれば、スペックなどほっぽり出してこれが一番だ!って思えてしまう。そして、まさにこれがアイドルだと思ったんですよ。

 

やっとアイドルの話まで来たかという感じですが、ジャニーズアイドルは今や増え続け、世間一般では「はいはいジャニーズね」とまさにみんな知ってる=コモディティ。「違いが分からない」「JUMP?SexyZone?一緒でしょ?」いやいや違うんです。ぜんっぜん!違うんです。でもそれを無理して分かってほしいとも思わない。自分が一番その違いを体験しているし、良さを分かっているから十分だ、そうなります。ここで、ジャニーズの中の、誰かのファンになる、という行為は、広義でスマホの中のiPhoneの虜になるのとさほど変わらないのかなと考えました。

 

Hey!Say!JUMP結成前からジャニーズが好きだったものの、こんなに長く担当をやっているのは圭人くんだけ。私の場合、2007年岡本圭人くんのうちわを購入しライブ参戦、目の前で必死に歌い踊り手を振っている、そんな感動体験があったからファンになったし、今もずっと好きなんだなあと思います。背が高いとか英語ができるとか、笑顔が可愛い。これらのスペックと呼ばれるであろう部分は、もちろん誇らしく大好きを構成するポイントではありますが、だったらよく似たスペックを持った別の人でもファンになってたのか?という話になります。そこでやはり大切なのはコンテキストであって、これら全てが融合した上でのファンなんだなぁと思います。

 

そうなればもういよいよ何でもあり。私はiPhoneユーザーで「アルバムのフォルダ分けをしても元アルバムに写真は残っているからどこまでフォルダ分けしたか分からない。髪型や雑誌ごと、メンバーごとにフォルダ分けしたいのに…どこまでやったっけ?使い辛い…」という煩わしさを感じているのですが、結局iPhoneじゃなきゃ、とAndroidを使ったこともないくせにすっかりどっぷり。

 

圭人くんも「うそでしょ圭人くんだけ全然ロケ行ってない…つらい…」「死ぬほど映らない(かつて)」「びっくりするくらい喋らないじゃんか…(MC)」というそこだけ切り取ればファンにはならないであろうエピソードも、オールオッケー!最高!No problem!なんですよね。自分にとってのコンテキストとスペックの全てが愛おしくなる。重症です。

 

最後に。とは言え入りはスペックになることが多いのは当たり前です。私もぽわぽわしててあどけない部分にぐっと持ってかれたタイプの人間。それは言わずもがなスペックです。でも、オタクというところまで達するには誰しももっと深いコンテキストがあるんじゃないかなぁと、ふと思った私でした。

 

のん子

 

お金のはなし(女子)

お久しぶりです。のん子です。皆様如何お過ごしでしょうか。私は17th Single『Fantastic Time』の発売日も近付き、18th Single『Give Me Love』の発売も公式発表され、日々Hey!Say!JUMPの勢いというものを感じています。

 

さて、今回のブログテーマは『女子をするのに毎月かけているお金』です。Askの方でご質問下さった方、長くなると思ったのでこちらに回答させて頂きます。

 

まず基本属性ですが、社会人、都内住み。そこを踏まえて読んで頂ければと。。。

 

女子をするのに、と一口に言ってもどこまで踏まえるかが難しいところ。ですので、女子じゃなかったら必要のないお金、というのをポイントに書き出してみようかと思います。

 

①髪:月々約15000円

2か月に1回は美容院に行きます。(1回18000円くらい)それと、シャンプー・コンディショナー・トリートメントが2か月位で切れます。(3つで9000円くらい)洗い流さないヘアトリートメントも同じように2か月くらいで。(3000円くらい)オイルワックスも同じく。(2000円くらい)これを単純に足して2で割って、16000円。月約15000円ですね!

 

②顔:月々約15000円

持っているもの(素顔)が悪ければ悪いほど無駄にお金ってかかりますよね。不公平(笑)化粧水、乳液、パック、洗顔、メイク用品が切れたら購入。これがざっくり月換算で15000円でしょうか。項目が多いので単価は細々書きませんが、例に挙げておくと、ファンデが6000~7000円のもの。マスカラは2000円かな。化粧水は3000円くらい?2000円くらいのものと日替わりで使ってます。この方法、美容部員をやってる友達に肌を甘やかすな、と教わり最近始めました。胡散臭いです(笑)でもお肌って何より睡眠だなーと思うんですよ。でも私睡眠に波があるんですね。夜な夜な一人遊びしてしまいますし・・・。

 

③女子会:月々約35000円

正直この項目はいらないんじゃ?と思いはしたのですが、ストレス発散には必要経費ですよね。交際費です。月多くて8回、少なくて2回。仕事の忙しさにもよります。ってことで、平均を取って、5回だとします。だいたいお酒を飲みに行くのが基本プランなので、4000円~10000円。間を取って7000円としたら、月平均35000円ですね。かかりすぎ(笑)

 

④服・装飾品:月々約30000円

ピアスなどのアクセサリーが好きなので結構頻繁に購入します。集め癖がありまして。あとは洋服が大好きなので、トップス1枚に10000円くらい平気で使っちゃいます。お財布に相談もしないで。あとから私どうしてこんなにお金無いの?なんて言ってます。が、その為に働いているようなものですから…!引き続き仕事頑張りますので神様許してください><

 

大体以上ですかね?英語力ができるだけ落ちないように英会話カフェに行ったり、映画を見たり、本を読んだり、旅行に行ったり…趣味が多いのでストレス発散と言ってしまえばこれも女子をするための「お金」なのかもしれませんが、今回はベツモノと判断して除外しておきます。

 

こんなご回答で宜しかったでしょうか?質問者さんのおかげで私お金使ってる割に女子磨けてないじゃん!費用対効果どうなってるんだよ!と改めて考え直すきっかけとなりました(笑)女子ってお金かかりますね。助成金がほしいです。←

 

のん子

Hey!Say!JUMP各個人に歌ってほしいセクゾ曲9選

9月もまだまだ暑い日が続きますが皆さま如何お過ごしでしょうか。私は日々の生活をリズム良く健康的に過ごすべく、心を鬼にし、誘惑を排除しております。例えば、仕事から帰宅してすぐ。リビングでソファになだれ込みたくなりますよね・・・しかしそんな風に一度くつろいでしまえば最後。次に立ち上がるのはなかなか困難を極めます。そこで私は、玄関を入り靴を脱ぎお風呂場に直行。湯船にお湯を張っている間にクーラーのスイッチを入れ洗濯物を洗濯機へ。スイッチを押してぐるぐるやっているうちお湯が沸き、そのままお風呂でスマホをいじる。これを絶対的ルールとするようにしています。

特に夏場は汗でべたべたしていますよね。その時こそお風呂に入るタイミング。クーラーが効いて汗が引いてしまえば本当にもうお尻が重くなってしまって。。。面倒になっちゃうんですよ、お風呂。

 

どうでもいい雑談から入った今回ですが、近ごろ通勤中にSexyZoneを聴いています。NEWSに負けず劣らず楽曲が良いなあと個人的にお気に入り。と、そこでふと思いました。この曲知念くんに歌ってほしい・・・。そんな突然の思い付きから、今回はHey!Say!JUMPの各個人に歌ってほしいセクゾ曲を人数分。つまり9曲ご紹介したいと思います。これを機会にぜひ、聴いてみて下さいね!

 

▽山田くん「君とMilky way

本人もカラオケで歌うと話していますが、山田くんの美声にぴったりではないかと思います。世界観もなんだかプラネタリウムのよう。美しいお顔にもベストマッチですね。優しい部分、力強い部分、低音、高音。全部完璧に歌ってくれそうな期待が持てます。なかなか難しい曲ではありますが・・・。

 

▽知念くん「A MY GIRL FRIEND」

とっても歌詞の可愛い楽曲。でも少し大人っぽさも垣間見えつつ。ツンデレさも兼ね備えた最強曲。このブログを書きたいと思ったのも、「これ知念くんに歌ってほしすぎる!」と感じたところからです。「それでも一緒にいたいんだ。何度も言わせないでよ」が知念くんにぴったり~!

 

▽裕翔くん「Teleportation」

なんでしょう。このどこか懐かしさのある往年のジャニーズ感。それが裕翔くんにすごく合うように思います。裏を打っているクラップのリズムも普段からリズミカルな裕翔くんに重なりやすい。間奏部分はあのとてつもなく長い足でステップ踏んでくれそうですよね。

 

▽圭人くん「If You Wanna Dance」

英語が多いというのもありますが、大人な雰囲気が今の圭人くんのビジュアルにぴったりな楽曲。これをセクゾのみんなはファーストアルバムで歌ってるんですね・・・末恐ろしいとはまさに。洋楽チックなメロディーも色気ムンムン。ラップも圭人くん向きだと思います。声が合いそう~。

 

▽有岡くん「今日はありがとう」

気付けば私どうやらファーストアルバムが好きなようで(笑)歌詞と言い、曲調と言い。これはJUMPでは有岡くんしか!と。「花が咲くみたいに~」のところだけでも聴いてみたいです。童顔有岡くんに歌詞の言葉のチョイスがとてもお似合い。もちろん褒めてます。声も可愛いですしね。

 

▽伊野尾くん「Black Cinderella」

私の中では伊野尾くんはこれですね。「イジワルなカノジョ…」から始まる時点で伊野尾くんの世界。エロティックな雰囲気もぴったり。大好きですこの曲。JUMPに下さいセクゾ様。細身のシルエットで美しく踊ってほしいな~伊野尾くん。ただ、正直なところ圭人くんもこの曲と悩みました。悩んだ末の素直に伊野尾くんです。

 

▽光くん「まだ見ぬ景色」

アップテンポから一転、聴かせるサビ前。そしてサビは光くんに似合いそうなダークなダンス調。詳しくないので分からないのですが、舞台の曲か何かですか?という世界観。長くジュニアをやってきた彼を曲にしたかのようです。初めてタイトルを見た時はこんな雰囲気だと思いませんでした。名曲!

 

▽髙木くん「Party up!」

いや~これは風磨くんのせいじゃないかというくらい。二人声質が似てるじゃないですか?正直想像しやすくて。「お~いぇ~~~」のところとか脳内で鮮明に映像化できちゃうんですよね。あとはラップがありますが、orderで囁く感じの「嘘かマコトか…」あれがサマになってたので!

 

▽薮くん「Miss Mysterious」

ザ!ジャニーズ!吐息交じりに歌う感じやしゃくりこぶし、薮くんのテクニックが発揮されそうな楽曲ですね。妖艶な雰囲気も薮くんの立ち姿やダンスを惹き立ててくれそう。なんとなく懐かしさを感じるのは何故でしょう。「勝利の日まで」のカップリングなんですがね・・・。

 

さて、いかがでしたか。JUMPファンの方だと知らないものも多かったかもしれません。羨ましいくらいに素敵な楽曲ばかりなので通勤通学のおともに!どうぞ!

 

 

のん子